みんなの一歩が 私の一歩

全体が個人を助け、個人が全体を助け、みんなの大きな一歩につなげていこう .


 《 私たち 多摩ワークショップ 》

 地域活動支援センター多摩ワークショップは、平成10年、川崎市多摩区内で初めてできた、主に身体障害者のための活動の場です。

 家に閉じこもがちな方やリハビリ途中の方などが、「障害があっても仕事ができる」「同じ悩みを持つ 仲間と話ができる」という喜びを感じながら、一人一人が地域や社会の一員として参加し、共に協力し合える「場」を提供するという目的で、たくさんの方の力を借りて作られました。

 現在、メンバー20数名、スタッフ・職員・ボランティアの力を合わせ、日々自分たちのできる作業を行なっています。

 作業の他にも、研修旅行、スポーツ大会などの行事や様々なバザーでの出店を通し、地域の方々との交流を図りながら、多くの人たちに活動への理解の輪を広げています。また、平成19年にはNPO法人を取得し、「NPOいっぽいっぽ」を運営母体として新たな一歩を踏み出しました。

 これからも活気と喜びに満ちた場所として、いろいろな人が安心して集えるセンターを目指していきます。


 活動内容


・製品の製作

・バザーなどでの販売

・バス旅行

・調理イベント

・創作イベント

・講座への参加

 トピックス


・バザー情報

◎10月26日(木)

10:00~14:00 

パサージュたま出店

多摩市民館一階にて


・出店しました。

8月21日(日)

生田緑地サマーミュージアムに出店しました。ワークショップと販売を行いました。


バス旅行

2017年9月25日

研修旅行のため、鴨川シーワールドへ行きました。海の生き物の素晴らしいショーを見てきました。

2017年4月

神代植物公園へお花見に行ってきました。

天候にも恵まれ、良いお花見が出来ました。


・いっぽいっぽ合同

忘年会

2016年12月 忘年会

毎年恒例の忘年会が行われました。

この日はいっぽ舎ワークショップ、ご家族やスタッフと交流を楽しみました。

賛助会員


私どもの活動の趣旨に賛同し、支援して頂ける賛助会員を随時募集していますので、ご協力よろしくお願いいたします。